犬のローン審査が通らない時は?審査に落ちたらどうする?【おすすめローン】

ペットローンを組みたけど、年収の面で自信がないなどローンを組む勇気が持てないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件は「安定かつ継続した収入があること」という項目が多く年収制限が設けられているのはイオン銀行の200万円だけです。

ペットローンでは収入があれば非正規雇用でもOKというローンが多く収入よりも安定かつ継続して勤務しているということの方が重要視されているようです。

もちろん、収入は多い方が有利ですが勤続年数が長ければ長いほど評価は高くなると言えるでしょう。

他にも、過去にローンの遅延や債務整理はないかなど、返済状況や金融事故歴があるほうが、審査の壁となるでしょう。

スルガ銀行は関東では知らない人も多いかもしれませんが、静岡県に本店がある地方銀行で実店舗は5大都市圏に展開しています。

通常、銀行では動物を購入する際のローンは多目的ローンの利用となる場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを取り扱っている数少ない銀行です。

スルガ銀行のペットローンは、最大融資額が800万円と高額にもかかわらず金利が2.5%から7.5%と非常に低金利なのがお分かり頂けるかと思います。

インターネットで全国どこからでも申込でき全てがWeb完結するので来店不要です。

申請の条件には年齢が20歳以上65歳未満であること安定・継続した収入があることが条件になっています。

ペットショップで販売されているペットは数十万円にもなるので現金一括払いという人は少数派だと思います。

ペットショップも売れなければ商売になりませんから信販会社と提携しローンを組めるような体制を取っている店舗も多いです。

ショッピングローンはクレジットカードのように購入代金を信販会社が立て替えて支払い購入者は代金を信販会社へ利子をつけて分割払いで返済していくことになります。

クレジットカードと同じだと思われがちですがショッピングローンとは、購入対象の商品だけにローンが適用となるものです。

ペットショップで申請する信販会社のローンはショッピングローンなのでカードが発行されることはありませんし追加融資も受けられません。

ペットローンというローンは、ペットの購入費や治療費など使途が限定されていますがローンに申込んで審査をクリアしなければ利用することはできません。

ローンを申し込むには、ローンの申込書に記入し送付または送信し、手続きを進めます。

申請に必要なものとして、運転免許書やパスポートなどの本人確認書類のほかに50万円を超える融資を希望する場合には、収入を証明する書類も必要になります。

すでに他社から借金があったり、所得制限があるローンでも収入証明書類が必要になります。

ペットローンは使い道が制限されているローンですからペットショップが発行する見積書や領収書など使い道を確認できる書類も必要です。

銀行と消費者金融にはローンの提供がありますが消費者金融の場合は収入の1/3を超える借り入れを禁止している総量規制が適用されます。

ですから、パート主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融でローンを組むことができますが、専業主婦だと消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行の場合は総量規制の適用外なので専業主婦でも借入可能ですがペットローンに関しては、必ず融資を受けられるというわけではありません。

スルガ銀行の申請資格に「安定した収入がある方」とありますので場合によっては収入確認資料を用意しなければいけません。

イオン銀行もペットローンを扱っていますが、無収入の人は申し込めませんから専業主婦の方は、働いている旦那さんの名義でローンを組むことになります。

ペットショップのコジマでペットローンを利用する場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を通過する必要があります。

コジマと提携している信販会社はジャックス、セディナ、オリコなどがありますが、ほとんどの信販会社ではペットローンはなく、目的別ローンでペットの購入にも利用できるように対応しています。

目的別ローンとはローンの使い道が制限されていることで低い金利で借入できるローンのことでその代表的なものは、自動車を購入する際のオートローンやマイカーローンといったローンが上げられます。

オリコだと多目的プランというサービス名で最高300万円まで融資を受けることができます。

セディナの場合は総合目的ローンという商品で金利は7.8%から11.8%で最大融資額は300万円となっています。

ペットローンがある金融機関等は数多くありますがいずれのローンを利用したとしても返済する際には利息を加算する必要があります。

金利の設定は一般的に金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融と言われており審査の厳しさは金利が低くなるほどハードルが上がると言われています。

銀行ペットローンの金利を例にあげてみますと、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランは、年利6.0%から13.2%となっています。

一方、消費者金融のプロミスの目的ローンはというと金利は年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

融資の最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円ですが消費者金融のプロミスの場合は300万円程度で、総量規制も適用されます。

ペットローンは動物を購入するためのローンになりますが借金をすることに変わりありませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

そのため、ローン審査を受けて承認されない限り気に入った子を見つけてもペットローンを利用することはできません。

ペットローンに落ちたという話をよく耳にしますが審査に落ちた人は、原因が必ずあるはずです。

過去に自己破産や債務整理をしていたり遅延や滞納歴があったとか携帯電話の支払いを忘れたことがあるという人は信用情報に問題があります。

また、複数の金融機関から借りているとか申込時の情報に借入件数や金額を少な目に記載したなどの虚偽申告があった場合は問題外です。

住宅ローンを利用する際に審査を避けて通れないようにペットローンを組む場合にも当然審査はあります。

ペットローン(犬のローン)は銀行や信販会社などで取り扱っていますが審査が厳しくハードルが高いのは銀行のペットローンです。

参考:犬のローン審査が通らない?審査に落ちたら?【おすすめの組み方】

銀行のペットローンはペットショップで組むローン(信販会社)よりも低金利で人気がありますが金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

返済能力がある人であれば安心して貸すことができるので見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査の難易度が高く、次いで信販会社のペットローンが審査が厳しいと言われています。

ペットを購入する際にローンを組むとしたら頭金を納めておくと借入金額を減らすことができます。

融資金額が少ないほど審査のハードルも下がりますからペットローンに申し込みやすくなりますよね。

頭金を納める金額は多いに越したことはないのですが頭金の金額は自分で設定することができます。

ただし、犬や猫の場合はその子以外に狂犬病やワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金をすべてつぎ込んではいけません。

別途かかる費用としては餌、ペットシーツなどの消耗品も必要になりますし小屋やケージを含めると数万円はかかることを念頭に入れておきましょう。

ペットも当然ケガや病気になる可能性はあるのですが人間のような医療保険制度は未成熟だったりします。

そのためちょっとした通院でも全て実費となってしまうので生体代金よりも高くつくことも覚悟していなければなりません。

ペット保険が普及しつつありますが、掛け金が高額なのに対し給付金が少額だったり請求手続きが複雑などなかなか請求できないなど実用的でない保険が数多く見受けられます。

また、ペットが若いうちは保険のありがたみを感じづらいのでペット保険は損と感じる人も多いようです。

最近は、転ばぬ先の杖としてペット保険を選択するよりも病気になって大金が必要になってしまった場合に、ペットローンの利用を検討するという人も多いようです。

ペットローンとはペットショップなどで動物を購入する場合に用意されているローンです。

比較的安価な柴犬でも20万円前後が相場ですしトイプードルやロングチワワなどの人気犬種は20万円から38万円程度になります。

人気の猫種もアメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドは20万円から28万円が相場でブリティッシュショートヘアーは、30万円前後が相場になっているようです。

更に血統書の有無でも価格が大きく変わることがありますから犬や猫を飼うということは決して安い買い物ではありません。

特にペット選びの場合はビビッときた子と出会った時が運命なのでよそ様の家の子になってしまう前に、ペットローンを有効に活用しましょう。

オリコにはカードローンや目的別ローン、キャッシングなどがありますが特に車を購入する際に利用するオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。

しかし、オリコではペットローンというローンがないので多目的プランを利用することになります。

ですから、ペットショップがオリコと提携していれば多目的ローンの申込書に記入することになりますがオリコの審査は非常にスピーディなので審査をクリアできればすぐに契約することができます。

申し込める年齢は満20歳以上からで、金利は6.0%から13.2%、担保や保証人は不要です。

オリコから融資を受ける額が50万円を超える場合や他社からの借金を合わせて100万円を超えてしまう場合は所得証明書が必要です。

ショッピングサイトで有名な楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱いがありません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますがその他には目的型ローンとして、ブライダルローンやトラベルローン、教育ローンがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使い道が限定されるだけで、内容に関しての規定はされていないのですが楽天銀行では使途も制限されています。

楽天銀行のサイトには、ブライダルローンなど同じ項目で自動車ローンも掲載されていますが自動車ローンは目的型ローンではなく楽天スーパーローンでの対応になります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、他のローンはすべて通常のカードローンになりますのでペットローンにこだわる必要はありません。

ペットローンというサービスを提供している金融業者はまだ少ないですが多目的ローンといった名称で対応している業者は多いです。

融資してくれる金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、総量規制がある消費者金融だと、無職の人は融資を受けることはできません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも融資を受けることはできるのですが、申込資格に安定かつ継続した収入があることという条件があることが多いです。

信販会社のショッピングローンはある決まった商品を購入するためだけに組まれるローンなのでペットローンの場合はペットの代金を信販会社が立て替えて支払うことになります。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」という項目があることが多いです。