JALカードを持つメリットは?優待特典が充実してる?

JALカードやオリコなんかのクレジットカードはレジで現金を出す必要が無くなるだけでなくその他にもメリットが色々あります。
イオン、セブンカードなど流通系のものは毎月、「感謝デー」と称して系列店での買い物が5%オフになるなどのサービスがあります。
国際部ブランドのVISA、MasterCard、JCBなどは日本国内や海外での宿泊施設、レストランや買い物で優待を受けることができます。
発行元が運営する会員向けのレクリエーション特典はカラオケやライブハウス、フィッシング、ボウリング、観劇や映画館などの各種レジャー施設の割引価格の利用があります。
更に、医療や健康面を重視しているカードもあり子育て支援や介護、自己啓発などの相談サービスを利用できるものもあります。
ゴールドカードはクラッシックよりも高い地位が与えられているので一般会員よりも手厚い待遇が受けられます。
日本で発行されている大半は年会費が高額で審査が厳しかったですが近年では、よりハイレベルなカードが作られてきたので、条件はゆるくなってきたようです。
この会員が受けることのできる特典としては劇場などのチケットの手配、専用の会報誌の提供などがあります。
年間の会費無料なものもありますが、こちらは既存の会員の中から一定の利用条件を満たした人だけが企業側から「お誘い」を受けるシステムなので、自発的に申し込んでも受け付けてもらえません。
更に一定金額以上の利用で年会費が0円になるものもあり、三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJ-VISAゴールドプレミアムでは年間100万円の決済で適用されます。
電子マネーにも様々なヴァリエーションが増えてきて毎日の通勤で利用者が増えてきている「モバイルsuica」や「おサイフケータイ」もそれにあたります。
オートチャージ機能があれば自動で入金してくれてその範囲内の金額で支払や決済に利用できるサービスです。
現金を出して支払う必要が無いので素早く支払を済ませることができるためお手軽です。
1ヶ月単位で弾き落とされるキャッシュレスなカードは使いすぎる危険がありますがこのシステムでは、ショッピング前に支払が完了しているので安心です。
その上、借り入れではないため信用審査が不要ですから失業中の人でも利用できるので心強いですね。