住宅ローン控除と住宅エコポイントとは?

平成23年の7月31日までが、住宅エコポイント工事の対象期間でした。
しかし、住宅取得や増改築の復興支援住宅エコポイントが同年の秋から開始されています。
これらの住宅エコポイントは一時所得で、収入から経費を引く場合50万円以下は所得が0円になります。
そして、給与以外の一時所得は、収入から引かれる経費が90万円以下の場合は、一時所得が20万円以下になるために、確定申告をする必要がありません。
しかしこの場合でも、住宅ローン控除を受ける場合は建築所得額がポイントをもらっている時は、建築価額ではなく、建築価額からポイントを差し引いたものになります。
つまり、建築価額が年末住宅ローン残高の場合は、残高の1%を住宅ローン控除できないのです。
そして、一時所得についてですが、確定申告不要制度を使うと90万円まで確定申告不要となります。
しかし住ローン控除をすると、確定申告不要制度の対象外にになるため、ポイント以外の一時所得の有無で、一時所得発生の可能性が出てきます。
ソニー銀行リフォームローン金利の種類は?【金利・手数料を選ぶ!】