医療事務の資格は就職を有利にしてくれます

就職を有利にする医療事務の資格は、医療事務技能審査試験と診療報酬事務請求能力認定試験であるとされています。
前者は30年以上実施されているという歴史の長い試験で、とても認知度が高い資格です。
この資格の取得を応募条件として提示している医療機関も多いため、取得しておくと就職に有利になります。
後者はそれほど実施期間は長くないものの、医療の事務におけるもっとも重要な業務であるレセプト関連の業務の知識を問われるため、実際の業務に役立つ資格として重宝されています。
したがって、より就職を有利にしたいときはこの2つの資格を取得するとよいでしょう。
また、働く医療機関によって有利になる資格も異なってきます。
病院、診療所などで働きたいというときは、医療事務技能審査試験と診療報酬事務能力認定試験の資格を取得しておくと有利になります。
病院や診療所などで働くときには、保険請求事務技能認定試験の資格も取得しておくとさらに有利になります。
事務系資格取りたい!女性におすすめは?【就職に他の人と差をつける!】