和服の買取専門業者ってどうなの?

最近、和服の買取専門業者の広告をよく見かけるようになりました。
着る機会もなく眠らせたままでいると、文化財のように保管でもしない限り、染料そのものの劣化もあって思い入れとは裏腹に、価値が落ちてしまいます。
きちんと保管されてきた良い着物は持ち主が思う以上に高額になることもあるので、なるべく早めに査定依頼して、買い取りしてもらうことが肝心です。
日本の伝統的な民族衣装であるお着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。
その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは高級品に格付けされる産地の品です。
大島紬、あるいは本場黄八丈といった着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名ブランドなら欲しい方が多いので高額買い取りもよく耳にします。
当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはどこの業者の買い取りでも求められます。
つい最近、祖母の形見だった着物をお着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。
祖母の形見ですが、着る人もなく誰も着ないのにとっておくのも着物の価値が目減りしていくだけだし誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。
何軒かの業者で相談しましたが、いわゆる作家もののお着物はなく、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。
どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

着物買取とは?引き取り処分高価買取!【どんな方法がある?】